【3日で基礎をマスター】Webアプリケーション開発 基礎プログラミングトレーニング

HTMLの記述方法で開発が可能なJavaベースの企業向けWebアプリケーションサーバーをColdFusion使ってWebアプリケーション構築の基礎を習得します
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 【3日で基礎をマスター】
 Webアプリケーション基礎プログラミングトレーニング

「基礎プログラミング」コースでは、Javaをベースとしながらも
HTMLの記述方法で開発が可能な企業向けWebアプリケーションサーバー
『ColdFusion』を使って3日間でWebアプリケーション構築の基本を習得します。

また、HTMLはある程度分かってもプログラミングは敷居が高い、
トレーニングを受ける前にColdFusionを触ってみたい、といった方向けに
ハンズオン資料とプログラムを公開しておりますのでご活用ください。

 ハンズオン資料ダウンロードはこちら>>

 トレーニング詳細・お申込み >>
   
 【日  時】2018年9月5日(水)~7日(金)
 【会  場】サムライズセミナールーム (東京・大崎)
 【参加費】¥150,000(税抜)/1名
 【内 容】

・Adobe ColdFusion のアーキテクチャーとテクノロジーに関して
・基本的なColdFusion Markup Language(CFML)の使い方
・ローカル変数、クエリー変数、フォーム変数、URL変数の使い方
・インクルードやカスタムタグの組み込みによるコードの再利用
・アプリケーションへのカスタムタグ、ユーザー定義関数、ColdFusionコンポーネントの組み込み
・データベースへの接続方法
・データをダイナミックに検索、挿入したり、更新したりするためのクエリーの作成
・データベースドリブンのWebアプリケーションの開発の基礎
・ユーザーの認証とページへのセキュアなアクセス

『Adobe ColdFusion』とは

「Adobe ColdFusion」は、Java をベースとしながら、HTMLの記述方法による
迅速な開発が可能な企業向けWebアプリケーションサーバーです。

日本国内においては、1998年に日本語版「ColdFusion 3.0」が発売されて以来、信頼性の高い法人向けWebシステム基盤として、企業だけでなく官公庁や教育機関等、多くの組織で長年にわたり採用されています。     

Adobe ColdFusionとは >>

2018年7月12日に世界で同時リリースされた最新版『Adobe ColdFusion 2018』では、システムの開発から運用を効率化するため、外部システムとの連携がよりシームレスになった他、 アプリケーションのパフォーマンスを管理するツールセットや、セキュリティの 自動設定機能などが新たに搭載されています。

Adobe ColdFusion 2018 >>

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]