国内EC売上高上位100社のスマートフォンサイトにおけるレコメンドUI調査レポート

EC売上をのばすために国内トップレベルのサイトはどのような工夫をしているのでしょうか? EC売上上位のスマホサイトに表示の画面UIについて調査しました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

こんにちは!ナビプラスのonoです。

ECサイト上でユーザの好みや嗜好にあった商品をおすすめすることは、サイトの売上やユーザビリティ向上の観点から非常に重要です。ユーザの関心の高い商品を提案できる「レコメンド」は、ECサイトには欠かせない機能となっています。

今回ナビプラスでは、国内EC売上高上位100社(日本ネット経済新聞社調べ)のスマートフォンサイトについて、「レコメンド」がどのページのどの場所で、どのように表示されているのかといった「レコメンドUI」に関する調査を実施し、レポートとしてまとめました。

本日はそのレポートの一部をお届けします。

レコメンド機能の導入は当たり前!?

まずは、サイト上のレコメンド機能の導入有無を確認しました。結果、調査対象サイトの78%に導入されており、今やレコメンド機能の導入は当たり前と言えるかもしれません。

 

みんな、どのページにレコメンドを表示しているの?

では、レコメンド機能を導入しているサイトは、各サイトのどのページに表示しているのでしょうか?

 

サイトのページ別のレコメンド表示率

やはり、「商品詳細ページ」や「カートページ」にレコメンド商品を表示し、商品の比較や「合わせ買い」「ついで買い」がしやすくなるようなページ作りをしているサイトが多く見受けられました。

また、「トップページ」にもレコメンド商品を表示し、個々の商品に対してではなく、「売り場」としてのおすすめを提案するような使い方も多く見られました。

人気のレコメンドUIは?

さらに、本レポートでは、PCサイトと違って表示領域上の制約の多いスマートフォンサイトのレコメンド表示において、「商品画像はいくつ並べる?」「画像の大きさは?」「どんな見出しにする?」など、EC事業者様の中でも悩みの多いUIについても調査しました。この続きはレポート本編で…。

レポート内容:
・「レコメンド機能」導入率
・サイト業種別「レコメンド機能」導入率
・ページ別レコメンド導入率
・ページ別人気レコメンドUI/タイトル
・人気のレイアウト(商品カラム数)

レポートをダウンロードする

ナビプラスでは、 レコメンド機能の改善に関するコンサルティングやASPサービスの提供を通じて、ECサイトの収益力向上をサポートしています。

「NaviPlusレコメンド」サービス概要ページ
「NaviPlusレコメンド」に関するお問い合わせはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]