SMB(中小企業・中堅企業)が抱えるIT課題を捉え直すには…

企業活動をドライブさせるには「自社のコアを認識」して「どこにポジションを取るべきか」の判断と,それを貫き通す(継続する)意志が必要となります
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

SMB-Small-And-Medium-Sized-Business-1

SMB(Small and Medium Business)の定義

  • 年商5億~500億円企業
  • 小規模企業(従業員 1~99人)
  • 中小企業(従業員 100~499人)
  • 中堅企業(従業員 500~999人)

SMBにおけるIT理解の状況

  • “働き方改革”や”人材不足の深刻化”を追い風に、SMBにおける「事業、企業継続」のためのIT投資は堅調に推移することが予測されている
  • 大手とは異なり経営層と現場の距離感は短いが、経営トップがITを知らなければITの積極利用には至らない
  • ITを活用したいとの意向がある場合でも、身近に相談できるところがほとんどないのが現状
  • SMBの多くはITの十分な理解に至っておらず、ITを業務サポート程度と認識している場合が多い
  • SMBがITへの理解を深め、活用していくには、ITベンダーの積極的な働きかけが必須であり、ベンダー側はわかりやすい言葉でSMBと対話することが重要

SMBが抱えるIT課題を捉え直すには…

ポイント1)「IT」の本義は「企業活動を上のレイヤー」に持ち上げること

⇒「業務管理やコスト削減だけ」がその主たる目的ではない
⇒現状不足しているのは、実はITというツールではなく、ITをツールとして活かせる「ヒューマンスキルでありヒューマンリソース」
⇒すでに導入されている多くのITインフラを十分に使いこなせていない場合も多い

 

ポイント2)一部のSMBは、コミュニティを形成している

⇒メーカー、流通、開発関連など、各社がそれぞれの強みを持ち寄り、組織を作って、ビジネスを推進しようとの動きがみられる
⇒複数の企業が連携するには、ITは不可欠となるはず
⇒SMB同士が手を組むことで、大手に引けをとらないくらいに効果的にITを用い、利益拡大につなげれられる可能性がある
⇒ベンダー側も、このようなコミュニティを対象にすれば、相当の売上げを期待できる

 

ポイント3)「コスト削減」は企業活動の継続を約束しない

⇒コスト削減効果はむしろ大企業に特に有効な手段であり、SMBにおいてはコストの切り詰めやキャッシュフローの手当てという対処療法では立ち行かなくなってきている
⇒SMBにとってもっとも必要な要件は「企業活動を継続するコア」を磨き、生かす方策に最大限の努力をすること
⇒そのツールとして「IT」の存在意義がある
⇒「経費削減」で無駄なものは省くとしても、その先にある「大事な目的の達成」を忘れてはいけない
⇒経営戦略的(売上や生産性、利益率などを高める)なIT投資というキーワードが響くはず

 

ポイント4)「攻め」と「守り」の両面からビジネスを俯瞰する

⇒例えば、個々の社員が手元のノートPCで顧客情報を個別に管理しているケース
⇒アプローチすべき顧客が放置されていることによる機会損失や、個人情報が各社員のノートPCに格納されていることによる情報漏洩リスクは看過できない
⇒顧客データをサーバに集積し、ステータス(顧客の状況)を常に管理できる仕組みを整えるべき
⇒PCサーバも顧客管理ツールも小規模なものであれば、さほど大きな投資にはならない
⇒見込み顧客を増やす(攻め)と同時に個人情報漏洩を防止する(守り)ことができる

 

ポイント5)事業を継続する意志とそれを支えるパートナー

⇒「セキュリティ、コンプライアンス」などの守りや「企業の信頼性保持」などの投資は増やす傾向にある
⇒「事業・企業の継続」のためのIT投資は、企業にとって最もクリティカルな問題
⇒企業活動をドライブさせるには「自社のコアを認識」して「どこにポジションを取るべきか」の判断と、それを貫き通す(継続する)意志が必要
⇒ITベンダーはその意志を支え、後押しするサポートを怠ってはならない
⇒中堅・中小企業は自身ですべて対応できないため、外部ベンダなどの良いパートナー、相談相手を見つけることが喫緊の課題となっている

SMB(中小企業・中堅企業)の皆さま、およびその先にいるエンドユーザの視点に立ち、的確なアドバイスができるパートナーを見つけるのはたいへん困難です。
 
KANでは分析やマーケティングの知見だけでなく、行動心理学や文化人類学などの多様な角度からアプローチを実践してきた、経験豊かなコンサルタントが相談に対応します。

興味がある方は、ぜひ弊社へお問い合わせください。

 

★無料セミナーも定期的に開催中です。

営業に貢献するBtoBウェブマーケティング設計と分析手法(リード獲得~育成~顧客化の実践)

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています

「引き合い依存がダメな理由」 

「BtoBサイトランキング2017」 

「営業を活かすリードとは」 

「文化人類学的な視点でのコンサルティングアプローチはいかが?」

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]