マーケティングの成果が出ないのは顧客区分が甘いから?RFM分析を応用して精度の高い顧客区分を実現しよう。

マーケティングの成果が出ないのは顧客区分が甘いから?RFM分析を応用して精度の高い顧客区分を実現しよう。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

顧客セグメントはマーケティングの成果に大きく影響する。

マーケティング施策が上手くいかない原因の一つとして、顧客区分が甘い場合があります。顧客区分(セグメント)を失敗するとセグメントしたグループに様々な価値観の人が混在してしまい、施策を実施しても一部の人にしか刺さらず成果を上げることはできません。しかし、顧客セグメントが上手くいくとセグメントしたグループには、同じ特徴を持ったグループとなるため、施策の効果が高くなります。正しい顧客セグメントが出来れば施策が効果的に働くわけです。

サイトへのアクセス総数が必ずしもCVに近い人ではない。

マーケティングオートメーションを使った施策でよくあるのが「自社サイトへのアクセスが多い人ほどCVの可能性が多い」という顧客区分の考え方です。しかし、この区分の仕方は必ずしも正確というわけではありません。もしかすると、先月に検討を終了している人かもしれません。だから、CVに近い人を抽出するためには、アクセス総数だけではなくもっと他の軸も加えて検討する必要があります。

RFM分析を応用して顧客セグメントをする。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

 

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測るための、単純化されているが非常に重要な指標の1つ。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]