株式会社24-7、米HubSpotマーケットプレイスで「ランディングページ」と「システムエラーページ」のテンプレートの販売を開始

インバウンドマーケティングを推進する24-7が提供する、オリジナルテンプレート第2弾!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社エル・エム・ジーの子会社で、インバウンドマーケティング事業を推進する株式会社24-7(所在地:東京都中央区、代表取締役CEO:田村 慶)は、2016年10月5日(水)、米HubSpot社が提供するテンプレートマーケットプレイス上で販売するテンプレート商品に、「ランディングページ」と「システムエラーページ」の商品群を追加しました。

HubSpotマーケットプレイス

24-7オリジナルテンプレート紹介ページはこちら

テンプレートマーケットプレイスとは、インバウンドマーケティング(※1)支援ツール「HubSpot」上で活用できるデザインテンプレート素材を自由に選び、購入できるオンラインショッピングサイトです。第一弾で販売開始した「Eメール」テンプレートは、主に海外のHubSpotユーザーに広くダウンロードいただいています。今回は日本国内のユーザーから要望の多かった「日本語対応のランディングページ」と、「システムエラーページ」を新たに追加しました。

日本語対応ランディングページ テンプレート

ランディングページの画像

米HubSpot社(※2)が提供するインバウンドマーケティングの考えに則ったランディングページです。今回、テンプレートマーケテットプレイス(※3)で初めての日本語対応のテンプレートを取り扱いました。さまざまな業種、用途でご利用いただけるようシンプルなデザインになっています。

  • お問い合わせ
  • お問い合わせサンキューページ
  • EBook
  • EBookサンキューページ

システムエラーページ テンプレート

システムエラーページの画像

WEBサイト構築で想定しなければならない、システムエラーやパスワードプロンプトページのテンプレートを新たに追加しました。画面いっぱいの風景デザインと、シンプルなデザインの2通りをご用意しております。

  • 500 Server Error(システムエラーページ テンプレート)
  • 404 Not Found(システムエラーページ テンプレート)
  • Protected Page(パスワードプロンプト テンプレート)

今後も、HubSpotを活用されるユーザーの要望に応じて、さまざまなテンプレートラインナップを増やしていきたいと考えています。そして、長期的な運用プロセスで発生するデザイン変更業務の負担を軽減し、本来注力すべきマーケティング活動に集中できるようサービスを拡張していきます。

※1 インバウンドマーケティングについて
2005年、HubSpot社を創設したブライアン・ハリガン、ダーメッシュ・シャアが提唱したマーケティングの考え方です。一方的な営業電話やダイレクトメールなどで企業から顧客を追う「アウトバウンド」な活動に対して、見込み客が自ら情報を求めて自社のサイトへ訪問してもらい、製品やサービスの顧客及び推奨者になってもらうためのあらゆる活動を指します。生活者及びBtoBにおける購買決定者は、検索エンジンやソーシャルメディアの普及により、企業からの情報を受動的に消費するだけでなく、主体的に情報を検索・収集し、購買に関わる意思決定をしています。こうした時代背景から、生活者や購買決定者の視点に立ち、邪魔をするのではなく、価値のある情報を適切な形で届けることが重要です。インバウンドマーケティングは現代の生活者の情報の消費行動に寄り添った考え方として、注目を集めています。

※2 HubSpot社について
HubSpot社は、2006年6月に米国マサチューセッツ州ケンブリッジで設立し、2014年10月9日(米国時間)ニューヨーク証券取引所に上場しています。同社は、インバウンドマーケティング&セールスソフトウェア「HubSpot」を提供しており、世界のパートナー数は2,700社以上、導入実績社数は95ヵ国、18,000社以上にのぼり、この業界ではリーディングカンパニーです。

※3 テンプレートマーケットプレイスについて
インバウンドマーケティング支援ツール「HubSpot」上で活用できるデザインテンプレート素材( Eメール、ランディングページ、ブログ、 WEBサイトなど)を自由に選び、購入できるオンラインショッピングサイトです。テンプレート購入者は、自らHubSpot上でデザインやコーディング作業をすることなく、簡単にページやメールを作成することができ、今後さらにニーズが高まっていくサービスと思われます。

株式会社24-7について

2005 年 7 月北海道札幌市にて創業。2006 年 8 月東京オフィス開設。2012 年にはシンガポールに関連会社 Asia 24-7 を設立。インバウンドマーケティングに基づいた戦略策定、HubSpot導入、Web サイトの企画・制作、分析を主事業として、海外向けオンラインマーケティングや東南アジアへの進出支援、展示会等への出展などをサポートしています。
ホームページURL:https://www.24-7.co.jp/

株式会社エル・エム・ジー(LMG)について

2014年7月設立。現代の情報消費行動に寄り添う愛されるマーケティング活動(Lovable Marketing)を推進するマーケティング企業グループです。LMGは、Lovable Marketingというコンセプトに賛同し、それを推進する専門性の高い会社をグループ力でシナジーを生みLovable Marketingを推進し、日本のマーケティング業界を変えていきます。
ホームページURL:http://www.lmg.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ:
株式会社エル・エム・ジー 広報・PR担当:増子ひとみ
〒104-0045 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル2階
Tel:03-6264-0837 E-mail:h.mashiko@lmg.co.jp

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

コミッション
手数料や歩合を意味する語句。 広告代理店やアフィリエイト事業者は、広告主が ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]