店舗の商品や在庫状況がわかるスマートフォンアプリ「monococo(モノココ)」

~人気ブランドの商品や店頭在庫を確認して、街でのお買い物をより楽しく~ 「欲しいモノはココにある」
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ECサイトの集客・売上拡大を支援するコマースリンク株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永山 淑子 以下、当社)は、ファッションをはじめとする店舗の商品や在庫状況がわかるスマートフォンアプリ「monococo(モノココ)」を本日から提供開始します。

「monococo」では、複数の人気ブランドの店舗から商品やコーディネートの新着情報がタイムリーに届けられ、気になる商品をお気に入りに保存して後でまとめて見ることができます。また、店舗での商品の取り扱いや在庫状況を事前に確認することができるので街でのお買い物をより効率的に楽しむことができます。

「monococo」の主な特長

複数ブランド情報をまとめて閲覧(後述 □掲載ブランド一覧参照)

複数ブランドの商品やコーディネートの最新情報をまとめて見ることができます。

店舗の在庫状況を確認できる

店舗の商品在庫状況を確認できます。普段よく買い物に行く地域や、現在地の近くにある店舗から優先的に表示されます。

その場でも買える

アプリからブランドの公式ネット店舗の購入画面に移動できるので、その場ですぐに買うこともできます。

スマートフォンの普及によって、消費者は買い物の前にネット上で情報収集することが当たり前の行動になってきました。また、オンライン・オフラインの区別なく欲しい商品を欲しいタイミングで購入できることを求められています。小売事業者は、これらのO2O(※1)やオムニチャネル(※2)への対応が急務になっていますが、組織改革やシステム投資が必要になるため、取り組みは容易ではありません。当社は、当社のもつクローリング技術(※3)や商品データの運用ノウハウを活用し、小売事業者が手間をかけることなくO2Oサービスに参加できるアプリを開発しました。

今回は、首都圏(一都三県、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の約40ブランド約380店で開始しました。今後は、掲載ブランドおよび対応地域を拡大し2016年度末までに全国の1000ブランド、2万店に対応することを計画しています。さらに、2016年度以降、取り扱いジャンルの拡大、ユーザーの位置情報を含めたサービスの導入および訪日観光客向けアプリの提供を計画しています。

「monococo」の概要は以下のとおりです。

「monococo」概要

○アプリ名称:monococo(モノココ)
○提供開始日:2015 年11 月19 日(木)
○対応OS:iOS 8.0 以上、Android 4.2 以上
○推奨機種:iPhone 5 以降、Android 4.2 以上のスマートフォン
○ダウンロードページアドレス
<アプリアイコンイメージ>
monococoアプリアイコン

iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/monococo-fasshonya-za-huono/id1052016996
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.commercelink.monococo
○利用料金:無料
○公式サイトアドレス:https://monococo.jp/
○紹介動画アドレス:https://youtu.be/8YrlK-geoV8

当社は、商品データを活用して消費者には利便性と楽しさを、小売事業者には集客支援を提供することで、消費者と小売事業者をつないでまいります。

(※1)O2O(オーツーオー)
 「Online to Offline」の略。ネット上での活動によって実際の店舗での購買行動を促進する施策のこと。
(※2)オムニチャネル
 店舗・ネットショップなど複数の販売チャネルを統合すること。
(※3)クローリング技術
 クローラーと呼ばれるロボットがweb サイト上にある情報を収集する技術。

掲載ブランド一覧(アルファベット順、2015 年11 月19 日時点)

ASTRAET(アストラット)
Another Edition(アナザーエディション)
BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)
Boisson Chocolat(ボワソンショコラ)
Denime(ドゥニーム)
DRAWER(ドゥロワー)
EN ROUTE(アンルート)
GIORDANO(ジョルダーノ)
Jewel Changes(ジュエルチェンジズ)
KBF(ケービーエフ)
KBF+(ケービーエフ プラス)
monkey time BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)
Odette e Odile(オディット エ オディール)
RODE SKO(ロデスコ)
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センスオブプレイスバイアーバンリサーチ)
SMELLY(スメリー)
THE STATION STORE UNITED ARROWS LTD.(ザ ステーション ストア ユナイテッドアローズ)
UNITED ARROWS green label relaxing(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング)
URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)
URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)
URBAN RESEARCH ROSSO(アーバンリサーチロッソ)
URBAN RESEARCH Sonny Label(アーバンリサーチサニーレーベル)
WEGO(ウィゴー)
かぐれ

以下は11 月中に掲載開始予定のブランド
coen(コ−エン)
Droite lautreamont(ドロワット ロートレアモン)
ecruefil(エクリュフィル)
Ici et la(イシエラ)
ketty(ケティ)
la.f…(ラ エフ)
LAUTREAMONT(ロートレアモン)
LIPSTAR(リップスター)
LOSICARIE(ロシカリエ)
MAYSON GREY(メイソングレイ)
Pao・de・lo(パオデロ)
QUEENS COURT(クイーンズコート)
socolla(ソコラ)
Viaggio Blu(ビアッジョブルー)
VICKY(ビッキー)

参考情報

当社では「monococo」の市場調査の一環として、アンケート調査を実施しました(2015 年8 月発表)。
「コマースリンク、20~30 代女性のファッション関連の情報収集・購買行動に関する調査結果レポートを発表」
http://www.commercelink.co.jp/pressroom/2015/08/19/9781

コマースリンク株式会社について

コマースリンクは、商品データに着目した集客支援サービスをEC事業者向けに提供しています。商品データを最適化して集客媒体やソリューションに配信することで広告効果を最大化する「DFO(DataFeedOptimization)」は導入企業数・稼働実績No.1のデータフィード最適化ソリューションです。また、独自の検索技術をもとに国内初の商品検索サイト「ショッピングサーチ.jp(http://www.shopping-search.jp/)」を運営し、消費者に商品の探しやすさを提供し、EC事業者の集客・売上拡大を支援しています。

本件に関するお問い合せ

コマースリンク株式会社
広報担当: 宮下・辻
Tel: 03-5493-4980

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]