【2016年はどうなる?】今後のSNS広告大予想と注目のInstagramプロモーション

今後のSNS領域の広告とインスタグラムのプロモーションについてご紹介します。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

食欲の秋真っ盛りですが、いかがお過ごしでしょうか?
SNSを使って広告やPRを手がけるのは当たり前のようになってきた昨今。
今日は、今後のSNS広告大予想と、注目のInstagramのプロモーションについての未来予想をお届けします。

SNS広告大予想 5年後にはモバイル広告がテレビを追い抜く!

日本では2014年に扱い高1兆円を超えたオンライン広告。
アメリカでは2019年までにテレビ広告を超えると予想されています。
インタラクティブ広告の支出は、2019年までに年平均12%増加し、総額1030億ドルになるのだとか。

インタラクティブ広告をカテゴリー別に分けると次のとおりになっています。

<年平均成長率の予想>
ソーシャルメディア  +18%
ディスプレイ広告   +13%
サーチマーケティング +10%
Eメール       +8% 

<広告費の支出総額の予想>
ソーシャルメディア  170億ドル
ディスプレイ広告   380億ドル
サーチマーケティング 450億ドル
Eメール       30億ドル

年間成長率でいえばソーシャルメディアが群を抜いていますね。
今後も市場が拡大していくことは間違いありません。ソーシャルメディアへの対応がますます必要になることが予想されます。

(元記事はこちら

消費者のモバイル端末利用もさらなる増加が予想されています。
スマホやタブレットは今年度の売上が1150億ドルなのに対し、2020年には2520億ドルにのぼるともいわれ、1000億ドル以上の売上増加が見込まれています。

2016年はInstagramがカギ?

数あるSNSの中でも特に成功を収めているのがInstagram。全世界のユーザー数も4億人を突破し、日本でも800万人以上が利用しています。
SNSの中ではアクティブ率が高く、月間のアクティブユーザーもLINEの次に高い76.7%という数字をはじき出しています。

今後の予想では、企業側がInstagramのプラットフォームを使って、効果測定ができるようになると言われています。これにより、よりクオリティが高く面白いキャンペーンが増えそうです。

(元記事はこちら

今後もインタラクティブ広告の市場がさらに拡大することはもはや間違いありません。
企業の広告やプロモーションもインタラクティブという方法を取り入れることで、どんどん新しいアイデアが生まれていくことでしょう。 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]