VDI(仮想デスクトップ)のウイルス対策

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「VDI(仮想デスクトップ)のウイルス対策」を公開しました。
1 VDIでウイルス対策を強化するには
1.1 パソコンがウイルス感染したとの連絡

 先日、地元の仲間から連絡があり話を聞いてみたところ、自宅のPCがウイルスに感染したとのことでした。失礼ながら、「どうせエッチなサイトでも見たのだろう」ぐらいにしか思っていませんでした。また、ウイルスに感染したPCの画面がどんな画面なのかをスマートフォンで撮影して送ってもらったところ、ある有名なウイルスであることが判明しました。そのウイルスはPCを起動したら画面を占拠してしまい、他のアプリケーションを実行することが出来なくなるタイプで、いわゆる乗っ取り型ウイルスでした。黙って乗っ取るわけではなく、画面が表示されるだけ、まだかわいらしいと考えるか、全画面表示でオペレーションできなくなってしまうので最悪と考えるかは何ともいえません。しかし、とりあえずお金を振り込まないと解除コードが入手できない種類のモノでした。送ってもらった画面の情報をもとにGoogleなどで検索したところ除去方法などを確認できました。

1.2 対応策の検討

 大まかに言うと除去手順は以下の通りです。

1.Linuxなどで起動するレスキューCDを作成する。
ウイルスチェックをする機能を備えたレスキューCDがセキュリティーベンダーから提供されています。
2.作成したCDからPCを立ち上げウイルスチェックを実施。
3.見つかったらウイルスを隔離または除去。
 この手順で修復できたというサイト上の記述が多かったので、「まぁなんとかなるだろう」と考え、レスキューCDを作成して仲間の自宅を訪問しました。改めて話を聞いたところ、ウイルスチェックソフトウェアはインストールしているとのこと、また、Windows Updateもやっているとのことでした。特に、エッチなサイトなどは覗いたことはないとも確認しました。ウイルスチェックソフトで検知出来ないのは少し気になりましたが、作成したレスキューCDのウイルスチェックで引っかかるだろうとも考えCDからPCを起動してチェックを開始しました。500GBのPCの全ファイルチェックなので意外に時間がかかります。雑談をしながら時間をつぶしましたが、2時間たっても50%のチェックしか出来ていないようでした。時計を見ると21時を回っていたので、そのままチェックを継続して、翌日に再度確認することにしました。朝から、SNS経由で連絡があり、なんと、チェックに引っかかってウイルスが除去された様子はないとのこと。改めてログなども確認しましたが、ウイルスチェックには引っかかっていませんでした。念のため、HDDからOSを起動しても、そのウイルスが立ち上がり、昨日と同じ状況になりました。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/shimo/shimo31.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]