Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の設定

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) の設定」を公開しました。
今回はAmazon VPC の構築をしていきたいと思います。

Amazon VPC とは
 データセンターにラックを借りて複数台のサーバを構築するような感じで、AWS マネジメントコンソールから簡単にプライベートネットワークを構築できます。必要に応じてハードウェア Virtual Private Network (VPN) 接続も設定できます。詳しくは 公式サイト をご確認ください。

Amazon VPC の設定
 今回は NAT サーバとして EC2 を1台起動した標準的な構成を設定してみたいと思います。

 まず最初に AWS マネジメントコンソールにログインして VPC を選択します。

 次に Start VPC Wizard をクリック。

fig01

 つづけて VPC with Public and Private Subnets を選択。

fig02

 VPC with Public and Private Subnets の各項目を設定、問題がなければ Create VPC をクリックすると VPC が作成されます。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/strawbag/strawbag06.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]