※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby 2.0(その2)」を公開しました
キーワード引数
Ruby 2.0ではいろいろと新機能はありますが、その2としては、キーワード因数を取り上げたいと思います。メソッドにキーワードを指定して引数を指定することができます。話を簡単にするため、以下のプログラムを例にしたいと思います。

リスト1では、キーワードなどなしでプログラムを記述しています。これらの関数を呼び出すにはリスト2の形式で呼び出す必要があります。どっちが、toかccかよくわからない記述になります。

リスト1 Ruby 1.9

def sendmail(message, to, cc)
puts “sendmail #{message} to #{to}, cc #{cc}”
end

リスト2

sendmail(“こんにちは”, “xxx@gmail.com”, “yyy@gmail.com”)

リスト3のようにRuby 1.9でもキーワード因数を利用することが可能です。キーワード因数を指定するとハッシュ配列として引数として処理されることになります。プログラム側で必要な変数に入れて代入処理を行うことで対応しています。

リスト3 Ruby 1.9でキーワードを使う場合

def sendmail(message, opt={})
to = opt[:to]
cc = opt[:cc]
puts “sendmail #{message} to #{to}, cc #{cc}”end

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/358/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]