Rubyの求人数が大きくなり6000件の求人数に。年収800万円以上の求人数が全体の15%になりました

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Rubyの求人数が大きくなり6000件の求人数に。年収800万円以上の求人数が全体の15%になりました 」を公開しました。
改めまして、このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。CTC教育サービスのマーケティング支援を行っているご縁から、この「技術者のほにゃららら」というコラムを月刊連載しています。「ほにゃららら」というのは40歳前後以上の方でないとぴんと来ないかもしれません。「XXXXX」や「なんとか」のような意味です。ちょっと大きな会社の役員をしていたこともあり、技術者の面接で経験したことや、XMLやLinux、Ruby、Ruby on Rails、PHPの認定試験を運営支援する中で感じたことなど、技術者の方々に役に立つような内容を中心に書いていきます。第22回は「Rubyの求人数前年比142%となり4000件の求人数に」というタイトルで書いてみます。

 少し前になりますが、2014年5月にIndeedの求人数集計データを見ることがありました。2013年1月時点と2014年5月時点を比べてどれくらい求人数が伸びているかという比較がありましたが、Rubyは高い求人の伸び率を記録しており、2013年1月と比べて226%の伸びになり、求人数が6000件を超えました。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/yoshi/yoshi22.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]