Windows Server 2003のサポート終了に向けたシトリックスの取り組み

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「Windows Server 2003のサポート終了に向けたシトリックスの取り組み」を公開しました。
2015年7月15日、Windows Server 2003(Windows Server 2003 R2を含む。以下Windows Server 2003でまとめます)のサポートが終了いたします。サポート終了後は、マイクロソフトからのセキュリティ更新プログラムや、製品に関するサポートの提供が受けられなくなります。サーバーOSの場合、ネットワーク経由での利用が前提のため必然的に攻撃の対象になりやすく、セキュリティの問題は無視出来ません。この数ヶ月のうちに社内のWindows Server 2003を最新のサーバーOS環境へ移行する必要があるのです。

fig01

 今回、このWindows Server 2003問題に関してシトリックス・システムズ・ジャパンでは最後の移行のチャンスであるこの時期に、新たな取り組みを発表しました。その詳細をマーケティング部はが俊介氏(以下、はが氏)にお伺いしました。

インタビューア:今回キャンペーンを企画した意図を教えてください
はが氏:Windows Server 2003 のライフサイクル終了を控えたこの時期においても、まだWindows Server 2003のインストールベースはある程度残っていると想定しています。シトリックス製品のプラットフォームでも、同様に一定の割合あると考えており、サポート終了までのスムーズな移行を支援する必要があると考えました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]