ぐんまRuby会議01に行ってきました

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「ぐんまRuby会議01に行ってきました」を公開しました。
群馬初とな る地域Ruby会議のテーマは「puts “Hello, World!”」。
講演者の方々がソフトウェア開発に対する世界観や群馬の話を中心に講演されました。

基調講演「Mad Web Programmer」:Yuguiさん
「初めてのRuby」の著者で、Ruby1.9系のリリースマネージャを務められたことでも知られるYuguiさんの講演です。

「世界とは変える対象である」という冒頭から、ご自身の体験をもとにWebが「世界を変える」のにどれだけ寄与して
きたか、またそのWebをよりよくしていくのがエンジニアの仕事であるとお話しされました。(*1)

「Webをよりよく、より当たり前のものとしていくには色々なアプリケーションが多産多死していかなければならず、
それには人が考える速度でソフトウェアを作らなければならない。そのための手段としてRubyは有力なツールである。」と語られていたのがとても印象的でした。

招待講演1「プログラマー」:須藤さん
株式会社クリアコード代表取締役の須藤功平さんの講演です。
同じことでつまずく人を減らしたい。そうしてつまずくポイントを減らしていくといずれ自分が必要なくなる。
それはとてもいい世界であると須藤さんは言います。そのためには問題を回避せず、
原因を直すことが大切であるとお話しされました。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/2372/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ナビゲーション
サイトの訪問者が、サイト内で目的のコンテンツを探したり、サイト内の他のコンテンツ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]