※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「rails console」を公開しました。

enjoy Railsway
vol.1 ‐ 『rails console』
投稿日時:2014/12/10 07:12

カテゴリ: enjoy Railsway

初めまして。トランスネットの泉です。
Rails技術者認定試験のベータ試験で、Rails技術者認定試験運営委員会の吉政さんと面識ができ、
そのご縁で、このコラムを書くことになりました。

このコラムは毎月1本のペースで、学習し始めた方がつまずきやすいポイントや、
Ruby on Railsでの開発がより楽しくなるような技術を、徒然に書いていきたいと思います。

さて、第一回目は「rails console」です。
rails consoleは、Railsアプリケーションを対話的に操作するための機能です。rails consoleを使わなくとも
Railsアプリケーションを作ることはできるため、この機能を知らない方も結構いらっしゃるようです。

普段は ActiveRecordにお任せなのに、DBレコードの確認をするときだけは四苦八苦してSQLを
組み立てたりしていませんか?あるいは、Modelのメソッドを試しに実行してみたいけど、
簡単な方法がわからない……
それでは余りに勿体ない!ということで、rails consoleについてご紹介します。

rails console自体はRails本体に組み込まれている機能ですので、
皆さんのRailsアプリケーションですぐに試すことができます。

また、お気軽に実験していただけるようサンプルアプリケーションを
GitHubに用意しましたので、是非ご利用ください。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/2287/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

パーマリンク
ページそれぞれを指し示すURLで、時間が経過してもそのURLでそのコンテンツにア ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]