究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」が「iPhone 3G」に正式対応〜iPhone 3Gが「名刺入れ」や「日報登録端末」に〜

企業リリース情報 - その他IT - 2009年03月19日(木)
[イーシステム株式会社]

イーシステム株式会社(証券コード:4322、本社:東京都港区、代表取締役社長:渡辺 博文、以下 イーシステム)は、同社が開発・提供するSaaS型名刺管理サービス「アルテマブルー」が、2009年3月1日リリースの新バージョンより、iPhone 3Gに正式対応したことを発表します。
これにより、アルテマブルーのユーザーはiPhone 3Gを「名刺入れ」や「日報登録端末」として、様々なビジネスの場で活用できるようになります。

■iPhone 3Gが名刺入れに
名刺を専用スキャナでスキャンするだけで原則翌営業日までにほぼ100%の精度で名刺情報をデジタル化し、PCや携帯電話を通じて名刺管理および各種の営業・マーケティング支援機能を提供するアルテマブルーは、2008年6月の販売開始から半年強の間に140社超の企業が導入している注目のサービスです。
これまで、主要3キャリアの携帯電話に対応していましたが、この度、ニーズの高かったiPhone 3Gに対応することになりました。
今後、アルテマブルーのユーザーは、iPhone 3Gを名刺入れとして利用できるようになります。現物名刺の持ち歩きは不要となり、iPhone 3Gさえあれば、いつでもどこからでも自分の全ての名刺データへのアクセスが可能となります。
さらに、ワンクリックで名刺上の人物に電話をかけることも、メールを送ることも、地図や経路検索結果を表示することも可能です。勿論、名刺の画像をiPhone 3Gの大画面に表示することもできます。

■iPhone 3Gが日報登録端末に
取引先との商談やその他の活動等の日報をiPhone 3Gから入力することができます。しかも、アルテマブルーの場合は、名刺をスキャナでスキャンするだけで顧客データが自動生成されるため、一般的な日報管理システムと違い、営業担当者がシステムに向かって顧客データを登録する必要はありません。
営業マネージャー向けの管理画面も充実しており、担当者の登録した日報を、対象期間別、顧客別、自社組織あるいは担当者別等、自由な切り口で参照することができます。
また、iPhone 3Gから入力された内容は即時にデータベースに反映されるため、営業担当者が外出先や移動中にiPhone 3Gから入力した日報を、オフィスにいる営業マネージャーはリアルタイムで把握することが可能です。
さらに、どの営業担当者がいつ何枚名刺を獲得したのか、あるいは、ある組織や個人が所有している名刺の役職別分布等のグラフが自動生成され、日報管理機能とともに営業マネージャーの業務を強力に支援します。

■個人情報保護やセキュリティ面でも安心
デジタル化された名刺データは、国内最大級のIDC(インターネットデータセンター)で最高レベルのセキュリティの下、安全に管理されています。
ユーザーの携帯電話やPCには、名刺データが一切残らない仕組みであるため、個人情報保護の面から見ても安全です。また、万が一、端末を紛失してしまった場合にも、端末からのアクセスを外部から制止することができますので安心してお使いいただけます。
アルテマブルーは、営業担当者や営業マネージャーの業務の効率化を図る各種機能の利便性に加え、こうした個人情報保護という視点からのセキュリティ面が高く評価され、昨今、金融機関からの引き合いも増加中です。

なお、既存のアルテマブルーのユーザーは、追加料金なしでiPhone 3G対応機能を利用することができます。

●究極の名刺管理サービス「アルテマブルー」について
「アルテマブルー」は、日本のビジネスに欠かすことのできない名刺を、迅速かつ正確にデジタル化し、名刺データを経営に活用するための様々な機能を実装したSaaS型サービスです。
「アルテマブルー」を導入することにより、個人の管理に委ねられ企業内に分散している名刺情報がデジタル化・一元管理され、営業担当者をはじめとする社員間で共有できるようになり、今まで個人のノウハウと考えられていた社員個々の人脈を企業の資産として経営に活用することが可能になります。
また、PCや携帯からネットワーク経由でデータセンター上の名刺データにアクセスする方式であるため、情報漏えいリスク対策面からの安全性が高いとともに、利用する場所と時間の制約を受けにくい利便性の高い仕組みです。
「アルテマブルー」のその他詳細に関しましては、アルテマブルーサービスサイトをご参照下さい。
アルテマブルーサービスサイト : http://www.e-system.co.jp/ultimablue/


<イーシステムについて>
http://www.e-system.co.jp/
イーシステムは、企業のCRM実現のための戦略策定・プロセス改革・システム構築・運用を支援するソリューションベンダーです。
企業とその収益の源泉である顧客との関係をより深く、継続的なものにすることで収益の最大化をめざし、経営革新を続ける企業を総合的に支援します。シティバンクやGEキャピタル、バイエル薬品等、数多くの企業における豊富な経験と実績に基づき、多種多様な業種、事業形態に最適なシステムとアプリケーションを提案します。
イーシステムは、CRM分野におけるリーディングカンパニーとしての豊富な経験と最新のテクノロジーをベースに、激変する経営環境に対応したCRMの進化をリードし、顧客中心主義組織への変革の担い手として、新しいCRM市場創出をめざします。
1994年設立、2001年ナスダックジャパン(現ヘラクレス)上場[証券コード:4322]、2006年よりキヤノングループ。


<報道関係からのお問い合わせ先は以下の担当へお願いいたします>
イーシステム株式会社 担当 池上
電話:03-6811-0013 E-mail:marketing@e-system.co.jp

関連URL:http://www.e-system.co.jp/news/news/2009/pr_20090319.html

News2uリリース詳細へ
News2u.net
このページは、News2u.netから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
ニュースリリースポータルNews2u.net
その他IT のリリース情報をもっと見る
情報提供元:News2u
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]