アズワン、オラクルの自律型データベースを活用し、リアルタイムな在庫データ提供基盤を強化

企業リリース情報 - その他IT - 2020年02月26日(水)
[日本オラクル株式会社]

「Oracle Autonomous Database」を導入し、拡大する販売店ネットワークとの連携システムの運用管理負担を半減しながら、システムの品質向上を実現

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、理化学機器の総合商社であるアズワン株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:井内 卓嗣、以下 アズワン)が、販売店からの在庫情報確認システムにオラクルの自律型データベース「Oracle Autonomous Transaction Processing」を導入したことを発表します。これにより、アズワンでは販売店が常時アクセスする在庫情報確認システムの運用管理負担を50%*軽減し、アップタイムの向上によりエンドユーザーの利用体験向上を実現しています。
* アズワン調べ

アズワンは、科学機器や産業機器、病院・介護用品を提供する理化学機器の総合商社です。カタログや同社のウェブショップ「AXEL」を通じて400万点超の商品情報を提供し、ユーザーと販売店、メーカーを結ぶデリバリー体制により商品を販売しています。その内30万点以上の在庫データを、「Oracle Exadata」と「Oracle Autonomous Transaction Processing」の連携により運用管理し、販売店からの在庫データ確認を24時間可能にしています。

同社は2014年7月に、6つのシステムで運用していたデータベース基盤を「Oracle Exadata」へ統合し、2017年には、「Oracle Exadata」とリアルタイムに連携する効果的なアプローチとして「Oracle Database Exadata Express Cloud」と、「Oracle Database」のREST APIを簡単に開発できる「Oracle REST Data Services」を活用し、販売店向けシステムの在庫データ参照機能へと拡充しています。また、チャットボットとも連携し、ビジネス・チャットアプリを介して在庫の問合せ対応も実装しています。

2020年1月からは、これまで利用していた「Oracle Database Exadata Express Cloud」を、東京リージョンの「Oracle Autonomous Transaction Processing」に移行し、自律化機能によりチューニング、パッチング、モニタリングなどの運用管理の負担を50%軽減しながら、在庫データのロード時間を約93%**短縮、さらには定期的な保守作業を含め99.995%のアップタイムを保証するSLAにより、システムの品質およびエンドユーザーである販売店の利用体験を向上させています。また、「Oracle Application Express」を活用することで、REST API、JSONで直接データの読み込みや書き込みができ、アプリケーション・サーバ-を立てずにデータの連携が行えたため、約1カ月という短期間でのシステムの本番稼働にもつながっています。
**アズワン調べ

本プロジェクトにおけるOracle Cloudの販売は、株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役 取締役社長:星野 達郎)、システム構築は株式会社オプテージ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:荒木 誠)が担当しました。

アズワンは今後、「Oracle Autonomous Database」や「Oracle Cloud」の活用範囲を順次拡げていき、デジタル・トランスフォーメーション基盤として販売店や仕入先様向けシステム基盤への展開により運用管理負担の軽減を図っていきます。

本発表に向けた顧客企業のコメント:
アズワンは1933年に創業したカタログとWebを媒体とする理化学機器の総合商社です。研究・産業・医療分野において、先進のITとロジスティクスで創造的な価値を生み出しております。「Oracle Exadata」、「Oracle Cloud」など適材適所で活用して、ビジネスにITを活用してきました。2017年に稼働した、販売店へ在庫を公開する仕組みが非常に好評で、年々システムの重要性が増していました。大手販売代理店からは、計画停止の時間を減らして欲しいなど、SLAの向上を要望されており、今回、「Oracle Autonomous Database」を導入し、在庫情報の提供に関する品質および可用性を向上できたと考えております。

アズワン株式会社 IT推進部 部長 福田 智宏氏

参考リンク
・アズワン株式会社
https://www.as-1.co.jp/
・Oracle Autonomous Transaction Processing
https://www.oracle.com/jp/database/atp-cloud.html
・Oracle Application Express
https://apex.oracle.com/ja/


日本オラクルについて
人々が、新たな方法でデータを捉え、知見を導き出し、無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837/ Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームhttps://www.oracle.com/jp/corporate/press/index.html

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。



News2uリリース詳細へ
News2u.net
このページは、News2u.netから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
ニュースリリースポータルNews2u.net
その他IT のリリース情報をもっと見る
情報提供元:News2u
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]