フォーバルがサイバーセキュリティ保険を自動付帯した「アイコンサービス」の提供を開始! ~中小企業の情報漏えいリスクに対応~

企業リリース情報 - 通信・インターネット - 2020年02月07日(金)
[株式会社フォーバル]

企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団である株式会社フォーバル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島 將典、以下「フォーバル」)は、主力のコンサルティングサービスである「アイコンサービス」に関し、MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉 恭三、以下「あいおいニッセイ同和損保」)のサイバーセキュリティ保険を自動付帯した「アイコンサービス」の提供を2月3日より開始しました。

今回のサイバーセキュリティ保険は、フォーバル指定の「アイコンサービス」に自動付帯されるフォーバル専用の保険で、クライアント先である中小企業が業務遂行で利用する通信システムまたは端末がマルウェアに感染したことで発生した個人情報(電子情報に限る)の漏えいに起因して、損害賠償請求されたことで被る損害を補償するものです。

これにより日々、多様化・複雑化する情報セキュリティの脅威に対して、中小企業の事業存続に対するリスクを軽減することが可能になります。
フォーバルは中小・中堅企業の利益に貢献するために、今後もサービスの開発・強化に取り組んでいきます。


■フォーバル専用サイバーセキュリティ保険の概要
保険種類    サイバーセキュリティ保険
対象者     指定の「アイコンサービス」の利用者
支払限度額   2百万円、30百万円、100百万円
        ※導入商材等によって異なる
免責金額    10万円/一連の損害賠償請求につき
保険金を支払う場合  業務遂行で利用する通信システムまたは端末がマルウェアに感染したことで発生した個人情報(電子情報に限る)の漏えいに起因して、保険期間中に日本国内で損害賠償請求されたことで被る損害に対して保険金を支払う
※対象となる損害
1. 損害賠償金
2. 争訟費用
3. 権利保全行使費用
4. 訴訟対応費用


フォーバルについて
企業経営を支援する次世代経営コンサルタント集団であるフォーバル(資本金:41億50百万円、東証一部上場【証券コード:8275】)は、中小・中堅企業を対象に「情報通信」「海外」「環境」「人材・教育」「起業・事業承継」の5分野に特化したコンサルティングサービスをコアビジネスとしています。


関連URL:https://www.forval.co.jp/

News2uリリース詳細へ
News2u.net
このページは、News2u.netから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
ニュースリリースポータルNews2u.net
通信・インターネット のリリース情報をもっと見る
情報提供元:News2u
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドフラウド
広告詐欺のこと。 主にインターネット広告におけるものを指す場合が多い。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]