多言語同時翻訳チャットサービスKotozna Chatを活用し、熊本市と外国人居住者に対する行政窓口対応円滑化のための実証実験を開始

企業リリース情報 - ソフトウェア・システム開発 - 2019年10月30日(水)
[Kotozna株式会社]

 Kotozna株式会社 (ことつな株式会社、本社:東京都港区、代表取締役:後藤玄利)は、熊本市と共同して、各自のスマホが104言語対応の多言語同時翻訳ツールになるKotoznaChatを活用し、外国人との行政窓口でのやり取りを円滑にすることを目的とした実証実験を10月30日(水)より開始いたします。全ての区役所(区民課・保健子ども課など)の窓口で既存端末機を活用し、行政の多言語対応の実現を図ります。

 近年、熊本市の外国人住民は増加傾向にあり、ベトナム語など、英語だけではない言語を使う方とのコミュニケーションを円滑にするための多言語対応ツールを探していたことから、今回の実証実験に至りました。実証実験では言語課題解決だけではなく、職員側の外国人対応のハードルを下げ、精神的な安心感および積極的なコミュニケーションにつなげることも期待されています。

 Kotozna株式会社は、10月24日に『Kotozna Chat』をリリース、同時に『Kotozna翻訳カード』の販売を開始しました。『Kotozna Chat』とはスマホで使う多言語同時翻訳チャットアプリです。104言語と音声/テキスト入力に対応しており、アプリ1つで翻訳および多言語翻訳チャットができるようになります。

 多言語翻訳チャットとは、従来のメッセージングアプリに同時翻訳機能が加わったサービスです。スマホにKotozna Chatアプリをダウンロードすれば無料で翻訳チャットが利用できます。メッセージはお互いのスマホの設定言語に自動で翻訳されるので、ユーザー自身も話し相手もそれぞれの母国語でコミュニケーションを取ることができます。相手が何語を話す人でも、日本語で伝えるだけです。アプリ内の翻訳機能を活用すれば、目の前の外国人と会話をすることも可能です。多言語グループチャットの機能もあり、様々な言語を話す人々とグループチャットをすることができます。多国籍企業のチームでのコミュニケーションの促進を目指します。

 また、Kotozna Chatをより始めやすくするための商品として、『Kotozna翻訳カード』を1枚1,500円(税抜)で、10月24日から販売開始いたしました。スマホでタッチするだけで、各自のスマホが104言語対応の多言語同時翻訳ツールになります。外国人がカードをタッチすると、遠隔でも日本人スタッフとチャットできるため、店頭・受付・カスタマーセンターなど様々なシーンでの活用に応用することができます。

 Kotozna株式会社では、「言葉のカベ」を解決するために、日本人も外国人観光客も日頃から手軽に使っているスマートフォンに注目しました。『Kotozna 翻訳カード』は専用のデバイスを必要とせず、自分のスマホで翻訳が完結します。対面では、自分のスマホを翻訳機として使うことで目の前の言葉が通じない人とコミュニケーションが取れるようになり、遠隔では、スマホを多言語同時翻訳メッセージングツールとして使うことで、世界中の離れたところにいる相手と母国語でチャットができます。50人までのグループチャット機能もあるので、多人数、多国籍な人たちと、多言語グループチャットが可能です。1,500円で一度カードをご購入いただくと、その後の利用料は無料で、無期限にご利用いただけます。

▼KotoznaChatアプリをダウンロードされる方
 ・iOS
  https://itunes.apple.com/app/id1478686903
 ・Android
  http://play.google.com/store/apps/details?id=com.kotozna.ktzn_chat_fe_android

▼Kotozna翻訳カードをご購入される方
  https://www.amazon.co.jp/dp/B07XYWWD4R

▼多言語同時翻訳チャットを試してみたい方はこちら
  https://kotozna.com/experience
(受付時間 (JST):平日 9:00~17:00/チャットボットではございません。英語を話すKotozna スタッフとチャット体験ができます。/体験中のお客様が多く、混雑している際は、お時間をいただくことがございます。/PCをご利用の方はページに表示されているQRコードをスマホでスキャンしてください。/スマホをご利用の方はURLをタップすると体験ページに遷移します。)

-------------------------------------------------------------------------
【Kotozna Chatの特徴】
■【104言語対応、無料の多言語翻訳チャット】 ― スマホがあれば、無料で翻訳チャットを利用できます。あなたは日本語で伝えるだけ。あなたも話し相手もそれぞれの母国語でチャットをすることができます。
■【相手が何語を話す人でも大丈夫】 ― メッセージはお互いのスマホの設定言語に自動で翻訳されるので、何語を話すか、もう事前に確認し合う必要はありません。
■【QRコードスキャンだけ】 ― あなたとつながるQRコードを外国人にスキャンしてもらうだけで、すぐにチャットルームが立ち上がり、翻訳チャットを開始できます。
■【外国人はアプリダウンロード不要】 ― 外国人に、あなたとつながるQRコードをスキャンしてもらうと、すぐ翻訳チャットを開始できます。外国人はアプリをダウンロードしなくても大丈夫。
■【しゃべるだけで簡単入力】 ― テキスト入力と音声入力のどちらにも対応しています。
■【多言語翻訳グループチャットで国際交流】 ― 10人までのグループ作成は無制限。多言語コミュニティで国際交流することができます。
-------------------------------------------------------------------------

【Kotozna株式会社について】 HP:https://kotozna.com/
Kotoznaは、「言葉のカベ」という社会課題をAIや機械翻訳等の最先端のテクノロジーを活用して解消することを目指すITサービス会社。104言語の多言語チャット、グループチャット、翻訳機能を持つ「Kotozna Chat」アプリの無料配信を行っている。同時に、飲食店メニュー等の日本語コンテンツを多言語翻訳し、QRコードスキャンにより表示する「Kotozna Camera」を展開する。
2016年10月創業。共同創業者はケンコーコム株式会社を創業し20年間にわたって代表を務めた後藤玄利、および写真SNSアプリ「Snapeee」で知られた株式会社マインドパレットの創業者である神尾隆昌。2018年9月1日にジャクール株式会社よりKotozna 株式会社に社名変更。


【本リリースについてのお問い合わせ先】
kotoznaPR事務局(株式会社ラ・クレタ内) 担当:奥村・相浦
TEL: 050-5236-6045 FAX:050‐3383‐4676 Email: pr@kotozna.com
関連URL:http://kotozna.com





【付帯情報】
・191030 kotzna_熊本市リリース
http://itm.news2u.net/items/output/167330/1

関連URL:http://kotozna.com

News2uリリース詳細へ
News2u.net
このページは、News2u.netから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
ニュースリリースポータルNews2u.net
ソフトウェア・システム開発 のリリース情報をもっと見る
情報提供元:News2u
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]