LINEが「LINE広告」を「LINEウォレット」タブに拡大、まず「Android」端末に配信

おカネのやり取りを一元化した窓口への広告表示で幅広いユーザーにリーチが可能に

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」とその関連サービスの運用型広告配信プラットフォーム「LINE広告(旧LINE Ads Platform)」を、おカネを管理する機能の「LINEウォレット」タブにも新たに広げた、と2月17日発表した。「Android」端末で広告配信を始めた。「iOS」端末にも近く対応する。

LINEウォレットタブは、LINE内でおカネのやり取りを一元化した窓口で、メインとなるモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」や「LINEポイント」「LINEクーポン」のほか「LINEほけん」「LINE家計簿」「LINE証券」などの金融サービスへの入口もあり、月間利用者数は5400万超という。ここに広告を表示すると幅広いLINEユーザーにリーチできる。

LINE広告は月間8300万人(2019年12月末時点)が利用するアプリのLINEに広告を出稿するための広告配信プラットフォーム。LINEの「タイムライン」や「LINE NEWS」「LINE BLOG」「LINEマンガ」「LINEポイント」「LINEショッピング」などで広告を配信している。LINE(会社)によると、8000を超えるサービスブランドが広告に利用している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]