MaaSが普及したら「自家用車を手放すことを検討する」48%【アクセンチュア調べ】

中国・欧州・米国の3地域で、自家用車を所有するオーナーなどにアンケートを実施。

アクセンチュアは、モビリティ・サービスの普及にともない、自動車メーカーが直面する主要課題について調査した結果を発表した。「Mobility Services: The Customer Perspective」(モビリティ・サービス:顧客の視点)と題したこの調査では、中国・欧州・米国の3地域における7,000人の消費者(うち約85%が自動車を所有)を対象にアンケートを実施した。

自動走行ソリューション/MaaSが利用可能になったら、約半数が「自家用車を手放すか検討」

近年の移動手段技術では、バス・タクシーなどの自動走行ソリューションを組み合わせて利用する「MaaS」(モビリティ・アズ・ア・サービス)が注目を集めている。自動車の所有を止めMaaSで移動するという選択は、今後急拡大し、2030年までに約1兆2,000億ユーロ(約147兆円)の市場規模に達するという。

そうした動向を受け、この調査では、以下の5つの課題をピックアップしている。

  1. 自動車の「ブランド」の価値低下
  2. 自動車の所有を止める消費者の増加
  3. 付加価値サービスへの高い関心
  4. 都市から郊外に移住する可能性
  5. 車内のパーソナライゼーションの方向性

まず、自動車オーナーの96%が「今後も自動車を所有するだろう」と回答しているが、一方で、自動走行ソリューションが利用可能になった場合、約半数の48%が「自家用車を手放すことを検討する」と回答したという。なお高級車オーナーのほうが、大衆車オーナーよりも、「自家用車を手放し、自動運転ソリューションに切り替える」(中国で78%、欧州で55%、米国で39%)という比率が高かった。「自動運転が実現した場合、郊外や地方への転居を検討する」といった回答も34.0%存在した。

自動車の購入やカーシェアリング利用において、ブランドはさほど重視されず

一方、自動車の購入やカーシェアリング利用において重視する要素について、「価格」「スピード」「柔軟性」「快適性」「環境への影響」「ブランド」「プライバシー」など、12以上の項目で優先順位付けを行ったところ、「ブランド」は自動車購入においては6番目、カーシェアリング利用においては10番目に重要な要素に過ぎないことが判明した。

また、「音楽や動画のストリーミング再生」「車載用マッサージシートなどの健康増進機能」「食品、ホテルサービス」などの付加価値に対し、回答者全体の89%が強い関心を示している。今後MaaSやカーシェアリングなどが普及するにあたり、ブランドパワーよりも環境負荷や価格、付加価値サービスの重視が進むと考えられる。

調査概要

  • 【調査対象】中国、欧州、米国の18歳以上の消費者
  • 【調査方法】オンライン調査
  • 【調査期間】2018年12月~2019年1月
  • 【集計サンプル数】7,000人(中国2,000人、フランス、ドイツ、イタリア、英国、米国が各1,000人)

※回答者のうち約85%が自動車を所有

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]