ADK MSがデータ利活用事業開発支援のGRIと業務提携、データサイエンス領域を強化

分析技術を生かしたデータサイエンス型サービス・ソリューションの共同開発を推進

ADK(旧アサツー ディ・ケイ)グループでマーケティングソリューション事業のADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、 データ利活用事業開発支援のGRI(ジーアールアイ)と業務提携契約を結んだ、と4月24日発表した。データサイエンス(大量のデータから意味ある情報や関連性を導き出す手法)領域を強化する。

ADK MSとGRIはこの業務提携によって、機械学習などの分析技術を生かしたデータサイエンス型のサービス・ソリューションの共同開発を推進する。広告主企業が保有する大量のデータを統合して分析・可視化し、マーケティング課題の発見と検証を繰り返すことで、データに基づいたマーケティングの効果を高めていく。

GRIは統計解析、機械学習、画像解析などを使ったデータ分析を通じてクライアントの事業開発を支援し、用途に応じたパッケージも開発した。ADK MSは、広告主企業にマーケティング分野で統合的なソリューションを提供。各種外部データを集めたDMP(データマネジメントプラットフォーム)の構築・活用を進めている。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]