ギャプライズ、アマゾン広告の最適化ソリューション「Kenshoo ECOMM」の取り扱いを開始

提携により、サーチ、ソーシャル、EC のクロスチャネルでの広告最適化が可能に

デジタルマーケティングのギャプライズは、Kenshoo, Inc.が提供するアマゾン広告自動最適化ツール「KenshooECOMM」と提携し、1月から販売を開始した、と1月24日発表した。提携により、サーチ、ソーシャル、EC のクロスチャネルでの広告最適化が可能になる。

Kenshoo ECOMMはアマゾンのスポンサー広告を最適化するために開発されたプラットフォームで、海外では多数のブランドがが Kenshoo ECOMMを通してアマゾン広告最適化を行っている。アマゾン日本サイトでの最適化にも対応したため、Kenshooプラットフォームの広告主はクロスチャネルでのインサイト(購買意欲)の獲得、また獲得施策の最適化ができる。

ギャプライズと、顧客にWeb集客サービスを提供してきた。Kenshoo, Inc.との提携などで、リスティング広告やソーシャル広告、ディスプレイ広告などを活用した集客支援に加え、アマゾンを活用した集客支援もポートフォリオに加えることで、顧客の満足度向上、成果達成が実現できるようになるという。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]