アプリに特化したダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」、D2C Rが提供する広告効果測定データ基盤「ART DMP」と連携開始

DynalystはART DMPに蓄積したユーザーデータをDynalystの広告配信へ活用可能に

インターネット広告のサイバーエージェントは、スマートフォンアプリ専用のダイナミックリターゲティング広告「Dynalyst」において、アプリプロモーションのD2C Rが提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP(アートディエムピー)」と連携した、と1月24日発表した。

スマートフォンアプリのダウンロード後に利用が停止した離脱ユーザーを対象に再度利用を促す目的で配信するリテンション広告のマーケティング活用が拡大するなか、DynalystはART DMPと連携し、ART DMPに蓄積したユーザーデータをDynalystの広告配信へ活用可能となった。

従来の計測ツールや広告主の保有データに加え、幅広いユーザーデータによる配信を実現する。すでにART DMPを導入している企業は、シームレスにDynalystにて展開することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]