システム運用サービスのアールワークスがWebアプリケーションの脆弱性診断に特化したSaaS型サービス「SECURE-AID Apps」を提供開始

SECURE-AID Appsは、最新の脆弱性情報を基にWebアプリケーションを自動診断

システム監視・運用サービスのアールワークスは、Webアプリケーションの脆弱性を診断するSaaS型診断サービス「SECURE-AID Apps」を11月27日より提供開始する、と同日発表した。SECURE-AID Appsは、最新の脆弱性情報を基にWebアプリケーションを自動診断する。

Webサイトで扱う機密情報が意図せず閲覧可能になったり、漏洩する事例が増えている。被害を事前に防ぐには、最新の脆弱性情報を常に把握し、定期的にセキュリティ診断を実施することが不可欠とはいえ、専任のセキュリティエンジニアを置くことができない企業にとって、大きな負担となっている。

SECURE-AID Appsは、専任のセキュリティエンジニアがいなくても、Webアプリケーションの脆弱性診断を手軽に実施できる。診断は最新の脆弱性情報を反映したスキャナで行う。スキャナ設定はアールワークスが代行し、オプションで診断結果の日本語解説レポートを提示することもできる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]