CCIが媒体社及び広告主向けのデータコンサルティングサービスを強化、「DataCurrent」としてサービス提供を開始

CCIが提供可能なデータに関するさまざまなコンサルティングサービスを2つの軸に統合

サイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、媒体社や広告主向けのデータコンサルティングサービスのラインナップを拡大、施策の実行力を強化し、新たに「DataCurrent」として提供する、と10月2日発表した。

CCIでは、販売ネットワーク「PrediX」を通じた配信事業者へのデータセグメントの提供やオーディエンスデータの収益化支援を行ってきた。今後はPrediXをはじめとする既存のサービスを含め、CCIが提供可能なデータに関するさまざまなコンサルティングサービスは「DataCurrent」のもとに統合し、媒体社向けの「DataCurrent for Publisher」、広告主・事業会社向けの「DataCurrent for Marketer」の2つの軸でサービス展開していく。

サービスを通じ、企業ごとの課題に合わせたデータ活用方針の策定やデータ基盤システムの企画・設計、運用のサポート、機械学習や深層学習を活用した高度な開発・分析の提供を行うことで各企業のデータを基軸としたビジネスの拡大を実現していくという。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]