リコーが360°表示のVRバナー広告事業に参入、「RICOH 360 for Ad」提供開始

提供するサービスでは、360°の広告画像の提供から広告の効果測定などを行う
よろしければこちらもご覧ください

リコーは、クリック率が高く訴求力のあるバナー広告の需要拡大が見込めることから、インターネットのバナー広告を360°の画像で表示するVRバナー広告事業に参入する、と3月6日発表した。その一環として、360°の広告画像の提供から広告の効果測定などを行うサービス「RICOH 360 for Ad」を開始する。

RICOH 360 for Adは、VR(バーチャルリアリティ)とAI(人工知能)を活用して広告画像内の注目すべき箇所を自動で抽出、クリック率をアップする。また、静止画にもかかわらず、上下左右360°すべてを表示でき、静止画のためファイルサイズは動画よりも低容量で、サーバーへの負担を抑えながら、広告視覚効果は動画と同等になるという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サイバースクワッティング
サイバースクワッティングは、転売などの不正な目的で、ドメイン名を取得・使用するこ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]