プラットフォーム・ワンがコンサルティング事業部新設、運用型広告専門サービス開始

媒体社や広告事業者向けに広告設計のコンサルティングや広告運用・収益最適化を提案

インターネット広告取引基盤開発・運営のプラットフォーム・ワン(P1)は、自社にコンサルティング事業部を新設し、運用型広告専門のコンサルティングサービスを始める、と7月25日発表した。媒体社や広告事業者向けに広告設計のコンサルティングや広告運用・収益最適化を提案する。同社が手掛けてきたDSP(デマンドサイドプラットフォーム)やSSP(サプライサイドプラットフォーム)開発の経験を基に、多角的にサポートする。

広告配信設計、データ活用、広告技術に関するコンサルティングを提供する。広告配信設計は媒体社の広告運用での収益最大化、データ活用は取得データの分析や広告配信セグメントの作成など、広告技術は広告主のブランド価値を守って見られる場所に広告が表示されているか(アドベリフィケーション)の解析など技術導入を支援する。コンサルティング例では、広告売り上げ・収益が一元管理できる独自ダッシュボードを開発する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]