さくらインターネットが「さくらのVPS」で新機能「スタートアップスクリプト」開始

パッケージのインストールや設定作業を自動化、サーバー作成後の設定作業を大幅に軽減

インターネットインフラサービスのさくらインターネットは、同社の仮想専用サーバーサービス「さくらのVPS」で新機能「スタートアップスクリプト」を7月24日に始めた、と同日発表した。スタートアップスクリプトは、サーバー作成完了後の初回起動時に任意の内容を記述したスクリプトを実行し、パッケージのインストールや各種設定作業の自動化が容易にできる機能を指す。

必要なアプリケーションをインストールされた状態にしたり、サーバー内の各設定を自動化したりすることで、サーバー作成後の設定作業の大幅な軽減が可能になる。スタートアップスクリプトの作成・編集はコントロールパネルからできる。スタートアップスクリプトは同社のクラウドサーバー「さくらのクラウド」で提供して好評だという。ニーズを受けてさくらのVPSでも始める。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]