YouTube、日本でも広告付きのオリジナルコンテンツ配信に前向き

YouTube チーフビジネスオフィサーのロバートキンセル氏は、YouTubeの利用状況、今後の展望などを語った。

YouTubeのチーフビジネスオフィサーのロバートキンセル氏は、「YouTubeにおけるコンテンツの取り組み」と題して、YouTubeの利用状況、今後の展望などを語った。

YouTube チーフビジネスオフィサーのロバートキンセル氏

日本でも広告付きオリジナルコンテンツ配信に前向き

YouTube Redでは、すでにオリジナルコンテンを製作してきたが、YouTube Red会員でなくとも無料で見られる、広告付きオリジナルコンテンツの配信を日本でも検討しているという。

YouTube Redは、日本では利用できないが、2016年2月にスタートした有料サービス。現在は、米国、オーストラリア、韓国、メキシコ、ニュージーランドの5カ国で利用可能。

1分間に400時間分の動画がアップロードされている

ロバート氏は、YouTubeの利用状況について次のように述べた。

現在YouTubeは、1分間に400時間分の動画が全世界でアップロードされている。1日あたり10億時間ストリーミング(2016年10月)されており、MAU(月間アクティブユーザー)は、15億人に達するという(2017年5月)。

一方、ニールセンの調査によると、日本国内で1日に4500万人が、YouTubeにアクセスしている。18~59歳のインターネットユーザー77%が利用しており、市場規模としては全世界で2番目の市場になったという。

 
 

また、さまざまなタイプのコンテンツ増加によって、視聴者が増加。それに伴い、つぎのような広告商品においても、広告想起率が向上したという。

  • 「グーグル・プリファード(Google Preferred)」と呼ばれる、視聴回数の多いトップ5%のコンテンツに予約型で配信できる広告
  • 「バンパー(Bumper)広告」と呼ばれるスキップできない6秒広告
  • 「TrueView インストリーム広告」と呼ばれる5秒した後、スキップできる広告
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

広告代理店
広告を出したい者(広告主)と広告を掲載する者(媒体)の間にたつ存在。 媒体 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]