コンテンツ改善ツール「ミエルカヒートマップ」にチーム共有機能追加、社内レポートや効果測定をスムーズに

社内のレポーティング業務が不要に。URLが異なるLPもまとめて解析可能

コンテンツマーケティング支援のFaber Companyは、同社が提供するヒートマップツール「ミエルカヒートマップ」に、新機能の「社内共有機能」「メモ機能」「パラメータ制御機能」を10月24日に追加した。

ミエルカヒートマップは、同社のコンテンツマーケティング支援ツール「MIERUCA(ミエルカ)」の機能の1つで、マウス操作やスマートフォンの画面操作を分析できるツール。ミエルカヒートマップ単体でもサービスが提供されている。

今回追加された「社内共有機能」を利用すれば、解析結果をチームで共有することにより、上司やチームへのレポーティング作業が不要になる。また、同じく追加された「メモ機能」により、いつ、誰が、どんな施策を行ったかがひと目でわかるようになった。

社内共有機能を使えばチームで解析結果を共有できる
社内共有機能を使えばチームで解析結果を共有できる

さらに、従来は広告などの流入経路でURLが変わると別のページとして計測されていたが、「パラメータ制御機能」により、同じページであればまとめて計測できるようになった。これにより、大量のキャンペーンのランディングページなどを一元解析できるようになる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]