A/Bテストの解析データをヒートマップで見える化、「クリックテール」と「Kaizen Platform」が連携

ギャプライズとKaizen Platformが業務提携して両社のツールのデータ連携を開始

アクセス解析ツールの「クリックテール」を日本国内で販売・サポートするギャプライズとWebのユーザーインターフェースを改善する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformは、業務提携して両ツールでのデータ連携を開始する、と12月9日発表した。連携により、Kaizen Platform上で行うWebサイト最適化のテストで利用するデザインバリエーションごとに、ユーザーの行動が正確に閲覧できるようになるため、実行したA/Bテストの何が良かったか、悪かったかが視覚的に判断できるようになる。

クリックテールとKaizen Platformの連携により、導入企業はクリックテール管理画面内で改善案のデザインパターンとオリジナルを同時に表示できるため、容易に比較できる。CVR(コンバージョンレート)の向上に貢献した要因を素早く把握し、次の改善に生かすことができる。また、ユーザーインサイト(本音)を素早く得ることができるので、テスト実行サイクルの時間を短縮することができる。

ギャプライズ
http://www.gaprise.com/

クリックテール
https://www.ctale.jp/

Kaizen Platform
https://kaizenplatform.com/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

行動ターゲティング
ネット広告の種類の1つ。 ユーザーごとに、そのユーザーがネット上でどんなサ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]