ニュース記事のSNSでの拡散状況が分かる「UserLocalニュース分析ツール」を無償公開

ユーザーローカル、媒体・トピック・記事の3種の分析が可能、過去1週間の記事が対象

ビッグデータ分析のユーザーローカルは、ウェブサイトのニュース記事のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)での拡散状況が分かるツール「UserLocalニュース分析ツール」を10月9日に無償公開した、と同日発表した。国内1000媒体以上のニュース記事への反響や拡散させたユーザーのプロフィルから各種の分析を可能にした。SNSは「Twitter」「Facebook」「はてなブックマーク」を対象にする。分析は媒体、トピック、記事の3種で、過去1週間分のニュース記事データが調べられる。

媒体分析は、それぞれのニュース記事が各SNSでどのくらいの反響があるか分かり、トピック分析は、同じテーマの記事を比較して記事による反響の差があるか調べる。記事分析は、Twitterで拡散したのは普段どのようなことに興味を持っている層か把握できる。Twitterは、記事ページに埋め込むシェアボタンで反響が分かる仕組みの廃止を決めているが、このツールは独自にデータを集計して件数を表示する。同社の有料ツールを導入している企業は1週間より前の記事も分析可能にする。

ユーザーローカル
http://www.userlocal.jp/

UserLocalニュース分析ツール
http://news.userlocal.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]