日経BPコンサル、「Webブランド調査」で「楽天市場」が前回調査に続いてトップ

2位は順位を上げた「Yahoo! JAPAN」、3位は「Google」で「Amazon.co.jp」は4位

調査・コンサルティングの日経BPコンサルティングは、企業や団体が運営する国内の主要500サイトのブランド力を調べた「Webブランド調査2013-春夏(2013年4月実施)」の結果を6月28日発表した。総合ランキングで「楽天市場」が前回調査の「2012-秋冬(2012年10月実施)に続いてトップになった。2位は「Yahoo! JAPAN」で前回の3位から順位を上げた。3位には「Google」が入り、前回2位の「Amazon.co.jp」は4位に後退した。調査は半年ごとに実施し、全国のインターネットユーザーが評価する。今回は4月10日~22日に行い、有効回答数は3万6709件。

アクセス頻度、サイト・ユーザビリティ、コンバージョン、サイト・ロイヤルティ、態度変容、波及効果の6つの要素を評価する。楽天市場はサイト外での行動を測る波及効果が上昇した。Yahoo! JAPANはアクセス頻度はトップだったが、サイト・ユーザビリティが低下。Googleはサイト・ユーザビリティが1位になっている。Amazon.co.jpはコンバージョン、波及効果が下がったことが響いた。ネット専業を除くトップは前回に続き「サントリー」企業サイトの9位。急上昇した「キリンビール」が10位で続いた。総合ランキングの5~20位は次の通り。

(5)ECナビ(6)価格.com(7)You Tube(8)Wikipedia(9)サントリー(10)キリンビール(11)クックパッド(12)ネットマイル(13)McDonald's Japan(14)ぐるなび(15)CLUB Panasonic、東京ディズニーリゾート(17)じゃらんnet(18)ANA(19)日本郵便(20)楽天銀行

日経BPコンサルティング
http://consult.nikkeibp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]