トランスコスモス、膨大な広告接触データを使った「アトリビューション分析サービス」開始

分散処理技術を応用して独自開発したビッグデータ高速解析プラットフォームを活用して実施

ITアウトソーシングサービスのトランスコスモスは、インターネット広告の第三者配信ツールが収集する膨大な広告接触履歴データを使用した新サービス「アトリビューション分析サービス」を始める、と6月24日発表した。分散処理技術を応用して独自開発した大量のデータ(ビッグデータ)の高速解析プラットフォームを活用。全ユーザーの行動経路・広告接触履歴データを短時間で集計処理でき、専門の分析アナリストが、成果への影響を調査する高度なアトリビューション分析レポートを提供する。

アトリビューション分析サービスは、従来の処理技術では数日が必要だったビッグデータの集計処理を数時間に短縮。抽出されたビッグデータを専門のアナリストが分析することで、顧客企業のビジネスの特長や広告の目的に合わせた柔軟なアトリビューションモデルを提案する。直接効果だけでなく間接効果も含めて広告効果を検証するアトリビューション分析の考え方が普及していることから、ビッグデータを対象に評価する。初期コンサルティング費用は150万円から、レポート費用は1回30万円から。

トランスコスモス
http://www.trans-cosmos.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]