アイル、ネットショップとリアル店舗のポイント情報、顧客情報を一元管理する「CROSS POINT」を開発

ネットショップとリアル店舗両方の購買履歴が把握でき、双方向での販促活動が可能に

システムソリューションのアイルは、ネットショップとリアル店舗のポイント情報と顧客情報を一元管理するソフト「CROSS POINT(クロスポイント)」を開発した、と4月1日発表した。クラウド型ASPサービスで提供し、ネットショップで付与したポイントをリアル店舗で使ったり、その逆も可能なため、顧客の利便性の向上につながり、企業側は顧客のネットショップとリアル店舗両方の購買履歴を把握できるため、双方向での販促活動が可能になるという。

CROSS POINTは、ネットショップとリアル店舗のポイント付与と利用が一元管理できる。顧客はスマートフォンや携帯電話をポイントカード代わりに使うことができ、マイページでポイントが確認できる。インターネットを通じて機能を提供するクラウド型ASPサービスのため、低コストで利用できる。顧客情報は、基本情報以外にも会員ランク設定や会員属性分析、購入金額・購入頻度に応じたセグメント管理が可能。ネットショップとリアル店舗の顧客情報の一元化により、従来は別に行っていたメール配信などの販促活動をより効果的に行うことができる。

アイル
http://www.ill.co.jp/ill/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]