『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』(全10回)

Amazon広告を使い分けるには、内から外へ広げよ! (第3回)

Amazonスポンサー広告とAmazon DSPの特徴を解説します。自社で運用するならまずAmazonスポンサー広告から。

2019年4月19日発売の書籍『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』の一部をWeb担で特別公開。

5
「内」から始めて
「外」に広げよ

Amazon広告では2つのソリューションを使い分ける
Chapter 1 準備 EC最重要チャネルを制する基本戦略

広告をAmazonのサイト内に掲載するか、サイト外に掲載するかで、目的や戦略、有効な施策は変わってきます。Amazon広告に取り組む前提として、「内」と「外」の2つのソリューションを理解しましょう。

「内」のAmazonスポンサー広告、「外」のAmazon DSP

Amazon広告には、大きく分けて2つのソリューションがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

Amazonスポンサー広告

Amazon内の検索結果および商品詳細ページから、宣伝する商品やブランドのページに誘導する広告を指します。配信面はAmazonのサイト内のみとなり、Amazonに出品している企業だけが出稿できます。さらに次節で述べる3つのメニューに分かれます。以前は「AMS」〈※1〉と呼ばれていたソリューションです。

※1 AMS
「Amazon Marketing Services」の略。2018年に行われたAmazon広告のリブランディングにより旧称となった。

Amazon DSP

Amazon内だけでなく、ニュースメディアやSNSなどの外部サイトの配信面にディスプレイ広告を掲載し、Amazonの商品詳細ページや自社サイトに誘導できます。Amazonに出品している企業はもちろん、出品していなくても利用できます。以前は「AAP」〈※2〉と呼ばれていました。

※2 AAP
「Amazon Advertising Platform」の略。AMSと同様、リブランディングにより旧称となった。

Amazonスポンサー広告は自社内での運用が可能

売れるサイクルをシンプルに構築しようで述べたように、商品詳細ページへのアクセスを集めるには自社サイトからの送客では足りず、広告による送客も重要になってきます。大まかには、これをAmazonの内部で実施するのがAmazon スポンサー広告、主にAmazonの外部で実施するのがAmazon DSPだと理解してください。

Amazon広告の2つのソリューション

「内」と「外」のほか、両者にはもう1つ明確な違いがあります。それは「広告主となる企業が自社で運用可能かどうか」です。

管理画面で広告の出稿からレポーティングまでがすべて完結するAmazonスポンサー広告は自社、つまりインハウス〈※3〉での運用が可能です。一方、Amazon DSPはAmazon広告を取り扱う代理店、またはAmazonに広告運用を依頼する必要があります。

両者は広告の目的(何を成果とするか)によって使い分けますが、まずはAmazonスポンサー広告から始めて、さらなる拡大を目指す場合にAmazon DSPも併用するのが定石です。この前提のもと、以降の節を読み進めてください。(鳴海)

※3 インハウス
ある業務を外部業者に発注・委託せず、自社内で行うこと。ネット広告においては、出稿やレポーティングなどの運用業務を自社の組織や人員で行うことを指す。

まとめ

Amazon広告は「内」と「外」でソリューションが分かれ、同時に「運用型」と「代理店型」という特徴があります。まずは「内」の「運用型」から検討しましょう。

2019年4月19日発売の書籍『Amazon広告“打ち手"大全 最強の戦略77』をWeb担で一部公開中

『Amazon広告“打ち手”大全 最強の戦略77』
  • 鳴海 拓也+寳 洋平 著
  • 発行:インプレス
  • ISBN:978-4295005629
  • 価格:2,500円+税

ネット広告は「3強」の時代へ。
ECの本丸を攻略するための“打ち手"を先駆者が提案

Google広告(旧AdWords)、Facebook広告に続く運用型ネット広告として、「Amazon広告」(Amazon Advertising)が急成長しています。

その最大の強みは、Amazonが持つ圧倒的な規模の「購買データ」を利用できること。商品を買いたいユーザーが数多くアクセスし、実際に購入していくAmazonという場が広告プラットフォームとして魅力的であることは、もはや疑いようがありません。

また、Amazon広告では購買データに基づいたターゲティングにより、外部のメディアサイトやSNSに掲載した広告から、自社商品のAmazon詳細ページなどに集客することも可能です。顧客となりうるユーザーを幅広いサイトから的確に見つけて売り場に呼び込む、強力な販促手段として期待が高まっています。

本書では、コンサルタントとしてAmazon広告にいち早く取り組んできた著者が、Amazon広告の自社運用、および代理店に運用を依頼する際の具体的な“打ち手"を提案。前提として知っておくべき知識や心構えから、Amazon内の検索・ディスプレイ広告、Amazon外でのターゲティングやリマーケティング、広告の評価と拡大に向けた施策まで、成果につながるノウハウを体系的に解説していきます。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]