Web制作・運用現場のための「課題解決」の教科書

SEOガイドライン

SEOガイドライン

目的

Webサイトが満たすべきSEO(検索エンジン最適化)品質の明確化

対象者

主に企画スタッフ、設計スタッフ、テンプレート開発スタッフなどが利用

内容

Webサイト運用の経験から得られた、サイトのSEO効果を高めるためのルールを記述します。基本的にキーワードに依存しないSEO内部施策(サイト内の施策)のルールが中心で、特定キーワードのための施策や、SEO外部施策(外部からリンクを得るための施策)は除外しています。これは、ガイドラインによる統一的対応が有効か否かで分けています。

目次(例)
  1. 1. 本書について
    • (a)本書の目的と位置づけ
    • (b) SEO対応原則
  2. 2. SEOの基礎知識
    • (a)検索エンジンの仕組み
    • (b)SEO施策の前提と基本的なSEO施策
    • (c)キーワード選定指針
    • (d)SEOスパムとペナルティ
  3. 3. サイト構造に関する基準
    • (a)ドメイン、ディレクトリ、ファイル構造
    • (b)ナビゲーション、ブレッドクラム、サイトマップ
    • (c)URL変更時の対応
  4. 4. HTMLに関する基準
    • (a)マークアップ言語と文書構造
    • (b)宣言とメタ情報、Open Graph Protocol
    • (c)キーワード・ライティング
    • (d)リンクの記述
  5. 5. SEO改善に関する基準
    • (a)ウェブマスターツールの設定
    • (b)Google Analyticsの設定

検索エンジンの仕組み

URL変更時の対応

宣言とメタ情報、Open Graph Protocol

ウェブマスターツールの設定

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]