コメント投稿

コメントありがとうございます。編集部の安田です。

追って、詳しく解説した記事を予定しておりますが、
・手動で工夫して極限まで色数を減らす際に作業しやすい
という点が最大の特徴のようです。

Photoshopだとカラーパレット単位のロックしかできませんよね(不勉強なため、CS5のWeb用に保存がどれくらい進化しているのか確認できておりませんが……)。

PNGの場合圧縮率は原則として変わらないので、
・見た目に影響せずにどこまで色数を減らせるか(その手間がどれくらいか)
・表示に関係のないメタデータをどこまで削除できるか
といった点がポイントになります。

また、このツールの場合は、アルファチャンネル(透過色ではなくアルファチャンネル)付きの8ビットpngを色数を減らして作れるのも、使いこなせば大きな力になるはずです。

Photoshop用のプラグインも附属しているようですので、そこで比較してみたいですね。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]