コメント投稿

 小手先のテクニック重視のSEO知識が氾濫する中
検索の小さな窓に入る「●●●●」に最適なページの結果も
本来は、それぞれ異なるかもしれない。

 「白菜」と検索した人が

「白菜」を使った料理のレシピを探しているのか?
「白菜」という名前のお店を探しているのか?
「白菜」の育て方を探しているのか?

 検索キワードが固有名詞である場合、検索結果に反映される
ページとのマッチングにはいつまでも問題がつきまとうような気がするね!

 それを過去の傾向から導き出す為のパーソナライズ化が進むんですかね?

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]