コメント投稿

インプレッション

ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。

広告表示に関する指標としては「リクエスト」「インプレッション」の2つがある。

「リクエスト」は、ブラウザから広告配信サーバーに対して広告の表示要求が送信された回数を示し、「インプレッション」は実際にブラウザ上で表示された回数を示す。

ページが表示されている途中に別のページへ移動したりブラウザを閉じたりすると、広告配信サーバーにリクエストが発生したけれどもブラウザでは広告が表示されない状況が発生する。そのため、「リクエスト」と「インプレッション」を正確に計測できるようになっている広告配信システムもある。ただし、システムによっては「インプレッション」として表示されるデータが実際にはリクエスト回数を意味する場合もあるため、注意が必要だ。

また、広告表示以外でも、「ブラウザで表示されること」という意味で「インプレッション」の用語を使う場合もある(たとえばページ表示回数と同じ意味で使う場合など)。

520
520
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル