コメント投稿

応援したい「Twitter」アカウントに直接送金できる投げ銭(チップ)機能「Tips」提供開始

米国Twitter、試験運用してきた「Tip Jar」の名称を変更、決済方法を増やして正式に展開
よろしければこちらもご覧ください

米国Twitterの日本法人、Twitter Japanは、応援したい「Twitter」アカウントにTwitterから直接送金できる投げ銭(チップ)機能の提供を米国本社が始めた、と9月24日発表した。5月に試験運用を開始した同機能「Tip Jar」の名称を「Tips」に改め、決済方法を増やして正式に展開する。まず「iOS」向けとなり、数週間内に「Android」でも使えるようにする。

支援を求めるTwitterユーザーは、プロフィールページのフォローボタンの隣にお札風のTipsアイコンが付けられる。投げ銭をしたいユーザーがTipsアイコンをタップすると、そのアカウントが使用している決済サービスやプラットフォームのリストが表示され、選択して送金が可能。Tipsの機能を加えたり、送金したりできるのは18歳以上のユーザーに限られる。

「チップ(Tips)」機能

利用可能なサービスはTip Jarでの「Bandcamp」「CashApp」「Chipper」「Patreon」「Razorpay」「Wealthsimple Cash」「Venmo」に、オンライン資金調達プラットフォーム「GoFundMe」、ブラジルのモバイル決済プラットフォーム「PicPay」、暗号資産「ビットコイン」が送れる「Strike」を追加。Strikeは米国(一部を除く)とエルサルバドルのみの対応となる。

よろしければこちらもご覧ください
181
181
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル