コメント投稿

UNCOVER TRUTHと日本ユニシスがファン育成やLTVを向上させる「CDP検討支援サービス」

データ集約の方針を整理、追加収集するデータ項目を検討してCDPツールの選定を支援
よろしければこちらもご覧ください

CDP(顧客データ基盤)事業のUNCOVER TRUTHは、デジタルマーケティング支援で1月から協業している日本ユニシスとともに「CDP検討支援サービス」の提供を9月16日から始めたと発表した。自社ブランドや商品のファンを増やしてLTV(顧客生涯価値)向上に寄与するCDPを構築するため、事前のデータ整理や可視化、CDPツールを選定し、顧客接点の多様化に貢献して良質なCX(顧客体験)の継続的な提供を支援する。

収集されているデータ項目とその在りかを確認して、膨大なデータを格納するDWH(大規模データ倉庫)やCDPを想定したデータ集約の方針を整理する。追加で収集すべきデータ項目の検討し、システム環境の構築時のイメージ策定やCDPツールの選定を行う。CDPの導入やCRM(顧客関係管理)施策を検討中の事業者や、既にデータの統合・管理を進めている事業者にとってデータ活用の課題改善に役立つ。

CDP検討支援サービスの概要   

顧客接点データは、店舗や自社サイト・アプリから得た消費者の属性データや購買実績データに加えて、SNSなど広範囲のデータを対象にする。検討支援サービス後は、データ格納場所の再整備▽CDP構築▽継続的なファン獲得▽LTV向上のための体験施策――などの支援サービスもメニュー化して提供。運用保守や他のMA(マーケティング自動化)ツールとの連携も行い、CX管理のメインパートナーとなることを目指す。

よろしければこちらもご覧ください
131
131
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]