コメント投稿

データ活用成功のカギ「はじめてのデータ連携」おすすめ資料

アステリアでは各製品ホワイトペーパー、解説書、講演資料などをご提供しています。今回は、とかく耳にする「データ連携」について解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

データ連携って何?

“データ連携”という言葉を聞いたことがありますか?

売上データ、顧客データ、人事データなど、企業は数多くのデータを扱っています。それらのデータは、データベース、クラウドサービス、ファイルなど、用途に合わせてさまざまな場所で管理・保管されています。異なる保管場所にあるデータを組み合わせて有効活用するために必要なのが“データ連携”です。

つまり、データ連携とはシステムやアプリケーションの垣根を越えて、データを共有・活用することを指します。身近な例では、Excelファイルのデータを別のExcelファイルにコピー&ペーストすることもデータ連携の1つと言えるでしょう。また、Aシステムからファイルをエクスポートして、Bシステムの形式に合わせてデータの変換・加工を行った上でインポートする、といった作業もよく行われているのではないでしょうか。

目次

  • 1. “データ連携”って何?
    ・データ連携は必要?
  • 2. データ連携ツールとは
    ・スクラッチ開発との違い
    ・選定ポイント
  • 3. 『ASTERIA Warp』とは
    Point01:豊富な連携先
    Point02:ノーコードで連携
    Point03:運用・保守も簡単
    Point04:豊富な導入実績
     【活用例】
    •  データ連携基盤
    •  業務自動化
    •  データ活用、DX

    Point05:選べる4つのラインアップ

はじめてのデータ連携

▼ダウンロードはこちらのサイトから
https://www.asteria.com/jp/contact/warp/wp_beginnersguide/

よろしければこちらもご覧ください
010
010
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル