コメント投稿

Google アナリティクスのカスタムレポートに焦点を当てた講座を9/8(火)午後に開催

ディメンションと指標の様ざまな組合せによる集計仕様を中心に解説。中級以上のGAユーザー向け
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Web担当者Forumで10年の執筆実績を持つGoogle アナリティクス研究家の「衣袋宏美」がお届けする、Google アナリティクスのカスタムレポート講座です。

本講座は、Google アナリティクスのカスタムレポートに焦点を当てた講座です。カスタムレポートはディメンションと指標を自由に組み合わせられるレポート形式ですが、中級者でもページとコンバージョン率を組み合わせるなどの誤用が普通に行われています。そのディメンションと指標の様ざまな組合せによる集計仕様を中心に解説します。

開催概要

  • 開催日時:2020年 9月8日(火)13時~17時
  • 開催場所:東京(渋谷)、オンラインではありません
  • 主催者/講師:衣袋 宏美(株式会社クロス・フュージョン代表取締役)
  • 参加費用:有料(7月24日までの早割あり)

詳細と申込み

こちらのPeatixのページを ご覧ください。

講座の内容

カスタムレポートの主要構成要素であるディメンションと指標などについての全体の集計ロジックの詳細をまず解説します。そして、カスタムレポート作成の基礎などを簡単におさらいした上で、カスタムレポートで様ざまな(標準のレポートに存在しない)ディメンションと指標を組合せた場合の集計ロジックを中心に解説します。
カリキュラムの詳細は、こちらのPeatixのページに記載してありますので、ご参照ください。

想定対象者

  • カスタムレポートを多用している中級クラス以上の方
  • ディメンションと指標の組合せに確信を持てずにカスタムレポートを使っている方

前提とする知識

  • カスタムレポートを含めたGoogle アナリティクスの基本的な機能や操作方法
  • 普段から様ざまな標準のレポートを利用して、知っていること
  • 主要なディメンションや指標について、その定義を正確に理解していること
よろしければこちらもご覧ください
020
020
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル