コメント投稿

殻付き⇔殻なし。正反対の意味でも英語はshelled?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

食べ物の中には皮や殻のついたものがあり、食べるときにはそれをむいた状態にします。

皮をむいたリンゴはpeeled apple。
peel は果物や野菜の皮、という名詞のほか、「皮をむく」という動詞でもあるので、peeledと過去分詞形にすることで皮をむいた、という意味になります。peeler ピーラー、はキッチンでもおなじみの調理器具になので、ピンときた方も多いでしょう。

皮はさておき、殻の場合は何と言うのでしょうか。

殻は英語でshellです。
食べ物についている殻のほか、貝殻もshellで表します。
そしてpeelと同じように動詞の意味もあり、動詞のshellは「殻をむく」という意味で使います。なので、殻をむいた状態を表したいときはshelledを使います。

 

shelled peanuts 殻なしピーナッツ
shelled shrimp むきエビ
shelled oyster むきガキ

そしてその反対は、

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l011_201905.html

よろしければこちらもご覧ください
110
110
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

バイラル
話題や概念がウイルス(virus)のように広まっていく様子を表現する言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス