コメント投稿

マンガonセミナー

オリジナル記事の量と質、どっちが大事なの!?――改革と改善、そしてインナーコミュニケーションの充実へ/【漫画】大企業のオウンドメディア「0→1」その試行錯誤すべて見せます!第4話

産休・育休から復職したクレディセゾン栗田は、オウンドメディアの改革と改善に着手する。

ページ

よろしければこちらもご覧ください

前回までのあらすじ

クレディセゾンの栗田宏美は、オウンドメディア「SAISON CHIENOWA」のローンチにこぎ着けたものの、すぐにさまざまなアップデートを求められることになるのだった。

ここから始まります

ステージ 現在
資源と目的の再解釈社内体制づくり
栗田:遂に「オウンドメディア試行錯誤物語」も最終話です。色々ありましたが、ラストは資源と目的の再解釈社内体制づくり。前回ようやくローンチしたSAISON CHIENOWA。いよいよ本格的な運用がスタートしました!しかし当時妊娠していたので出産直前までテレワークで参加。
栗田:課長!テレワークで仕事をさせてください!! 新しい働き方のチャレンジはCHIENOWAのためにもなると思うんです。
課長(当時)相川耕平:わかった!でもあくまで体調優先でね。ちゃんくりがいない間は俺がしっかり引っ張っていくよ!
栗田:よろしくお願いします

(参考)「働く、暮らすを考える。」SAISON CHIENOWA By 株式会社クレディセゾン

ページ

233126
よろしければこちらもご覧ください
233126
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル