コメント投稿

ここで定めているのは、まずユーザー体験としてどんな文化でもよろしくないものを排除できるように、問題ない表示のしかたを定めましょうというものですね。

内容を不快に思うかどうかは文化やコンテキストにもよるので、Better Ads Standardとはまた異なる判断が別途必要になります。あるメディアでは不適切な内容でも別のメディアの読者にとっては好ましいものもありますから、なかなか難しいところだと思います。

もちろん、そうしたものに関しても、業界では少しずつ改善しようという動きがないわけではありません。ネットがさまざまな人にとって快適な場所になっていくといいですね。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]