コメント投稿

ヴァル研究所、「駅すぱあと広告」で現実の行動データを分析・セグメントしたエリアターゲティング広告開始

乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」で保有するデータと移動予測データで趣味趣向を推定
よろしければこちらもご覧ください

乗り換え案内サービスのヴァル研究所は、「iPhone」「Android」端末向け乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」で自社が保有する現実社会の行動データを分析・セグメント化した新たなエリアターゲティング広告を4月3日に正式に始める、と3月29日発表した。移動予測データに加えて実際の行動データを活用することで、より高い精度で趣味趣向などを推定してターゲティングできるようになる。リアルタイムの位置情報や従来の移動予測データとの連動も可能なため、移動前と移動後の店舗付近とで広告を出し分ける配信にも対応する。

ユーザーのウェブページの閲覧履歴から年代や趣味趣向などを推定する手法が一般的なターゲティング広告と違い、駅すぱあとのユーザーの移動予測データを活用してユーザーの生活圏や趣味趣向を独自にセグメント化したユニークなエリアターゲティング広告となる。自動車メーカーが新型SUV(スポーツ用多目的車)を訴求する際、週末に公園によく行く(ファミリー)、連休はスキー場へ(アウトドア好き)といった行動をするユーザーをアウトドア好きのファミリー層と推定し、新型SUVに乗って家族でスキーを楽しむ広告が配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
5150
5150
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インプレッション
ネット広告における、「広告が表示された回数」を意味する。 広告表示に関する ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル