コメント投稿

日本初の国際広告祭が企業のブランデッドムービーを募集中

米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭がブランデッドムービーを募集中
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下、SSFF & ASIA)は、2017 年の開催に向けて、企業や行政が制作したブランデッドムービーを国内外から募集いたします。

SSFF & ASIA では、企業や行政がブランドメッセージを映像によって発信するブランデッドムービーの制作増加や日本の動画マ ーケティング市場の拡大を受け、日本がアジアにおけるブランデッドムービーの発信地となることを目指し、Branded Shorts という新しいプロジェクトを立ち上げました。2016 年は、映画祭が考える4つの視点(アイデア、ストーリーテリング、シネマチック、 エモーショナル)で選んだ国内外のブランデッドムービーを上映したほか、ブランデッドムービーの現在と未来についてのトークセッションを行いました。

また日本の動画マーケティングを牽引してきたネスレ日本株式会社の取り組みに対し、Branded Shorts Special Recognition Award を、2016 年の上映作品の中から、Branded Shorts of the Year をインターナショナルカテゴリー、ナショナルカテゴリーから選出し、それぞれ賞を授与しました。

(右)Branded Shorts Special Recognition Award 受賞 ネスレ日本株式会社 代表取締役社長兼 CEO 高岡浩三氏

2年目を迎える2017年も、日本全体の動画マーケティングの活性化に向け、国内外の最新ブランデッドムービーを紹介するとと もに、カンファレンスやセミナー、イベントを開催し、日本で唯一の国際広告祭としての位置づけを確立させていきます。

《SSFF & ASIA 2017 Branded Shorts 応募要項》

【応募期間】
2016年8月1日(月)〜 2017年3月31日(金)
Branded Shorts ウェブサイトにて Showcase として公開される他、SSFF & ASIA 2017 Branded Shorts(2017 年6月開催予定)のイベント内で上映されます。

【エントリー登録費】
2016年8月1日(月)〜 11月30日(水):20,000 円(税込)
2016年12月1日(木)〜 2017年3月31日(金):30,000 円(税込)

【応募ガイドライン】
1. 公開期間:
2016 年1月1日から 2017年3月31日の間に公開された映像 (公開時がまたぐ場合は、リリース期間の 3 分の 2 が、上記の期間内であること)

2. 尺:不問

3.参加条件:企業・団体(業種は問いません)のサービス・活動、ブランディングにおける顧客とのコミュニケーションを目的として制作された映 像。応募はどなた(企業・団体、広告会社、制作会社 等)でもご応募いただけます。

公募ページ:

http://www.shortshorts.org/2017_call_for_entry/ja/brandedshorts.html

お問い合わせ:entry@brandedshorts.jp

 

よろしければこちらもご覧ください
7140
7140
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル