コメント投稿

赤十字と関係のない所で使用することができないのは、赤十字マークだけではないんですよ。
実は“赤十字”という名称自体の使用も同様に制限されています。
例えば、鍵や水道のトラブルに対応する会社が「住まいの赤十字」なんてキャッチコピーを使ったりすると法律に触れる事になります。(赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律)

日本でこのルールが一般どころか行政にも浸透していない典型的な例の一つに、本来は赤十字マークがデザインに含まれたものは商標として登録できない(商標法第4条)はずなのにも関わらず、とあるドラッグストアーのキャラクターのイラストが、手に持った救急箱に赤十字マークが描かれているのに商標として登録されてしまっている例(第5230216号)などもあります。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]